ユーロドル(EURUSD) ボリンジャーバンド+一目均衡表 検証

ユーロドルに合うチャート探し

新規ポジションをボリンジャーバンドで、決済を一目均衡表を使うEAを作ってみました。

ユーロドル ボリンジャーバンド

単純に作った割には、まあまあ良い気がします。5分足ということもあり、売買回数は1400回以上となり、PF(プロフィットファクター)も1.12と調子が良すぎて不気味な感じがするということもありません。

ユーロドルはどこのMT4業者でもスプレッドの狭い通貨ペアの一つで投資家に有利なところがあるのですが、なかなか合うチャートが見つからないんですよね。ボリンジャ-バンドは、メジャーなテクニカル指標なのですが、案外ユーロドル売買には良いのかもしれません。

ボリンジャーバンドをいじり始めたのは最近で、現在逆張り系のEAとして作っています。でも、考案者のジョン・A・ボリンジャーは順張り的に使っているようです。

  • ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率・・・約68.3%
  • ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率・・・約95.4%
  • ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率・・・約99.7%

順張り的な発想は、逆張りでやるときの全く逆の発想でやります。+2や+3σを超えて推移した時に通常売りのところを買いを入れていくというやり方です。今回の+2で売りでやっている5分足での勝率は60%くらいですので、逆にすると40%くらいの勝率になると想定されます。

ボリンジャーの確率からいくともっと勝率が高くても良さそうな気もしますが、完全にトレンド転換してしまうことが案外多いということでもあるんですね。

次は順張りにてEAをつくって検証してみます。

このブログは、無料メルマガ相場生活入門の宣伝のために書いています。ちょっとでも刺激されたりする部分があれば少しくらいお役にたてるかもしれませんので、興味が沸いたら読んでみてくださいませ。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ