「山崎種二」タグの記事一覧

なぜか高値で家を買ってしまう理由

なぜか高値で家を買ってしまう理由 ご存知の通り、家の値段も上がったり下がったりします。 そして、不思議と高値圏で買い易い商品の1つです。 私の義弟は数年前に千葉にマンションを購入しました。その時に5000万円ほどしたそう・・・

生活防衛のためのFX

生活防衛のためのFX 山崎種二さんは、いろんな形で相場運用をやる方でした。サヤ取りは彼のお家芸とも言えるのですが、本でも書いている通り非常に幅広いやり方をしています。 そのやり方は、私達の生活を守ることにも使えます。 F・・・

相場の神様 損からの復活がはやい謎

相場の神様が損をしても復活できる秘訣 山崎種二さんは、相場の神様と呼ばれたくらいだから損で苦しんだ経験なんてなかったに違いない。 こう思っている方もいるかもしれません。 でも、「そろばん」や日経新聞で連載された「私の履歴・・・

FXでも使える運用技術 「追撃売り」

追撃売りとは 相場が天井をつき下げ始めたら、売りポジションを更に増やしていきます。 これが「追撃売り」です。 これは高等テクニックの1つです。イメージは、これからご説明しますので頭ではすぐに理解できるでしょう。でも、実際・・・

FXに使える山崎種二「売りの技術」

FXに使える山崎種二「売りの技術」 「米相場中心の山崎種二の話を連載して何の役にたつのか?」 こんな疑問を持っている方もいらっしゃるのではないかと思います。 成功するための心構えなどは学べるかもしれないけど、運用技術など・・・

売りが有利な理由

山崎種二 売りの極意 山崎種二には「サヤ取り」としての顔ともう1つ「売りの山種」という顔があります。彼は、サヤ取りだけでなく売りの名人でもありました。彼が米相場でいつも売り方にまわるのには3つの理由を挙げています。 1米・・・

山崎種二 サヤ取りの考え方

サヤ取りの考え方 山崎種二氏はサヤ取りの考え方をこう語っています。 ---- 採算を買い、人気を売る。採算は実、人気は花である。 採算に乗る、乗らないのモノサシは各人各様かもしれないが、私は私なりのものをもっており、それ・・・

山崎種二式 サヤ取りの考え方

山崎種二式 サヤ取りの考え方 山崎種二氏が「そろばん」の中でサヤ取りについて書いている部分があります。そこにはこう書いてあります。 ---- 以下抜粋 事業でもうけた分を積み上げて。毎年年末には棚上げ貯金をした。 この資・・・

黒頭巾といえば伊東ハンニ その正体

黒頭巾の正体 昭和7年、米は再び何者かの買いにより上昇し始める。 正体がわからず、「黒頭巾の買占め」と呼ばれた。 日にちがたつにつて、正体が浮かび上がってきた。 その正体は「怪物伊東ハンニ」だった。 そもそも伊東ハンニと・・・

米相場暴騰 仕手戦の表裏

米相場暴騰 1928年、米相場は暴騰した。高垣甚之助の買いが米の値をグングン上げていったのだ。その買いは腰の据わったものでとても強いもので、高垣甚之助の力が並々ならぬものを意味していた。彼は、1920年のバブル崩壊のとき・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ