為替市場に期待しない FXチャート知識も本当はいらない

為替市場に期待するな

 

「為替市場に期待してはいけない」なんてどんなFX本にでも書いていますね。でも、何かに期待したい・すがりたいというのは人間の基本心理のようなものです。期待するななんて言葉でわかっていても、なかなか実行できないことの一つなんですよね。

為替市場に期待するとはこういう事です。

  • 米ドルはもっと上がるはずだ。
  • 米ドルはもっと下がるはずだ。
  • 米ドルは100円くらいに抵抗線がある。
  • 今含み損が結構ある。米ドルが110円くらいまで戻ってほしい

どれも、「こうなって欲しい」という期待がその基本にあります。投資家は、潜在的に市場を「予測」したり「こうなって欲しい」と期待するのが普通です。これら全ての行動が「市場に期待している行動」です。

この期待にもとづく運用をしているうちはダメなんです。

私の周りの「儲け続けている投資家」も「市場には期待しない」人々です。

「ここが底だ」

「ここが天井だ」

などとは考えません。

「市場のどんな可能性も否定しない」

「ここから上昇も下落も全ての可能性がある」

市場に枠をはめずにあるがままに見る。それが日米での儲け続ける投資家の共通する姿です。例えば、こういう事です。

  • 場帳の記入:市場をあるがままに捉えて感じるための日々の作業
  • グラフの記入:各投資法の禁止事項として「トレンド線など余計な線やチャートを書き加えるな」とあるのは、「相場をあるがままに見ろ」という意味

市場をあるがままに見る

相場に自信が出るようになる一歩はここにあるのかもしれません。市場をあるがままに見るって書くのは簡単なのですが、実はとっても大変なことなんですよね。

だって、チャートにあてはめてみてもいけないんです。移動平均線や一目均衡表やRSIやボリンジャーバンドなど様々なテクニカル指標がありますけど、あれにあてはめてそうばを見るというのは「市場をあるがままに見る」というのとは違います。

一目均衡表を当てはめればそれは一目均衡表というフィルターを通じて為替市場を見ているに他成りません。

難しいですよねぇ。人間の先入観などで相場を見れば歪んでしまいます。

でも、本当はそうでもないんですよ。

正しい投資法を実行しているというのが大前提ですが、こうやってル市場をあるがままに受け入れるようにしていく事で、自然と利益が出るようになっていきます。成功者達は、市場をあるがままに見る努力をします。チャートなどで市場を型にはめたがる方も多いのですが、そういうやり方で成功し続けるケースは非常に稀でもあります。

この部分は、私のメルマガの読者歴が長い方であれば理解頂けるでしょうが、最近このサイトに辿りつかれた方には、ちょっと意味がわからないかもしれませんね。

わからない部分は、宿題としておいて次の項目を読み進めて頂いてもかまいません。皆さんが、FXで勝者の道を歩まれていけば、いつかご理解頂ける時がくると思います。

市場をあるがままに見る。そのために多くの成功者達が様々な工夫をしています。場帳やグラフの日々の流れはその工夫の結果できたとも言えます。

このブログは、無料メルマガ相場生活入門の宣伝のために書いています。ちょっとでも刺激されたりする部分があれば少しくらいお役にたてるかもしれませんので、興味が沸いたら読んでみてくださいませ。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ