USDHKD(米ドル/香港ドル) RSIの考察

USDHKD(米ドル/香港ドル)ペッグ通貨でつかえそうなチャート

RSIの合う通貨を探していたらUSDHKD(米ドル/香港ドル)で面白いバックテスト結果がでましたので紹介させていただきます。

USDHKD(米ドル/香港ドル)

日足でRSIを適用しています。売買単位は10万通貨で、2009~2014年のバックテスト結果で勝率が78.26%で、堅実に稼いでくれそうなものになっている気がします。ご存知の方が多いかと思いますが、香港ドルは米ドルと値動きが連動するペッグ通貨です。

変動幅は、非常に限られているのですが中国との関係もあり、時折行き過ぎるギリギリのところまで値が動く傾向にあります。そのときにポジションを仕掛けていくような流れになります。オシレーターの代表的な指標であるRSIは、こういうペッグ通貨売買に有効なことが多い気がします。

中国は唯我独尊の動きをするため、香港ドルもその影響を受け易くこの値動きがいつまで続くのかは疑問なところも多いのですが、一つの目安にはできるかもしれません。

このブログは、無料メルマガ相場生活入門の宣伝のために書いています。ちょっとでも刺激されたりする部分があれば少しくらいお役にたてるかもしれませんので、興味が沸いたら読んでみてくださいませ。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ